アフターレポート

モノづくりの最新ソリューションをテーマに開催したセミナーのアフターレポートをご紹介

​※SCSKプラットフォーム事業グループのオウンドメディア「IT Platform Navigator」に遷移します

​PLM

データ利活用

aras_list_old.jpg

DXの実現に向けて、AIやIoTをはじめとした、企業が持つ膨大な情報を収集し活用する技術に注目が集まっています。
一方で、あらゆる場所にデータが点在しており必要な情報が見つけられない、データの内容・形式が異なり上手く連携できない、といった課題を持たれている企業も多いのではないでしょうか。
そういった課題を解決するため、データマネジメントシステム「Aras Innovator」を核としたさまざまなソリューション連携の仕組みをご紹介します。

​解析/CAE

​GPU

cae_list.jpg

製造業の製品開発プロセスにおいて、CAEソフトウェアは試作レスやコスト削減などの観点から今や欠かせないツールとなっています。近年ではその計算リソースに、従来のCPUに加えてGPUを活用することで、シミュレーションの性能と速度をさらに向上させることが期待されています。
そんなGPUによる開発プロセスの改善をテーマに、2022年7月に開催されたウェブセミナー「GPUで進化する!CAEの最新情報」(SCSK主催、SB C&S株式会社、アンシス・ジャパン株式会社、エヌビディア合同会社共催)をレポートします。

バーチャルファクトリー

delmia_list_old.jpg

少子高齢化による人材不足や国内外の競合との価格競争といった課題に直面する製造業において、生産性向上とコスト削減を目指し、IT技術を用いて製造工程を最適化する、いわゆるデジタルマニュファクチャリングが進められています。
「DELMIA 3DXEPERIENCE」を使った生産ラインの製品や作業者、設備、ロボットなどの3Dシミュレーションによって、効率的かつ低コストで最適な製造工程を実現する方法をお伝えします。

メタバース

omniverse_list.jpg

全世界で話題となっているメタバース。自分がアバターとなってゲーム空間やバーチャル渋谷といった仮想的な街・お店を自由に動き回るもの、そんなイメージを持たれているのではないでしょうか。
そのイメージが先行し、特に消費者と直接接点を持たないBtoB企業にとっては、自社のビジネスに対してメタバースがどう関わるのか、どんな活用方法があるのか、といったアイデアが湧かないという声を耳にします。

「NVIDIA Omniverse(以下Omniverse)」が生み出すメタバースは、従来イメージされるものとは少し毛色が違います。メタバースのビジネス活用を検討されている方は必見、製造業の業務を大きく変革するOmniverseについてたっぷりお伝えします。

アフターレポートについてお問い合わせの方はこちら